探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-え-


映画と探偵(えいがとたんてい)

1925年(大14)12月、映画と探偵社より創刊。三好正明が大阪にて刊行したが、二号で廃刊。「探偵趣味の会」の推薦雑誌であり、江戸川乱歩が1926年(大15)に東京に居を移すと共に、「探偵趣味の会」の機関誌「探偵趣味」の発行元が東京の春陽堂に移ったため、関西の会員の拠点となっていた。廃刊後は「探偵趣味の会」の関西における拠点は、「探偵・映画」「猟奇」へと引き継がれた。


SRの会(えすあーるのかい)

1952年(昭27)2月、京都在住の「宝石」愛読者の会「京都鬼クラブ」が結成され、のちに関西鬼クラブ、その後、SRの会と名称を変えた。
機関誌「密室」を発行し、1961年(昭36)10月から「季刊SR」と改題し、1965年(昭40)1月まで続いた。1957年(昭32)11月からは、月刊会報「SRマンスリイ」を発行。

幻影城掲載誌:3/


SFマガジン

1959年(昭34)、早川書房より刊行された日本最初のSF専門誌。
海外SFの紹介や、日本作家の発掘に力を入れ、SF作家のほとんどを生み出した。


江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

本名平井太郎。1894年(明27)、三重県名張市生まれ。代々平井家は藤堂家に使えていた。実弟は平井蒼太。甥は松村善雄。少年時代には黒岩涙香に親しみ、早稲田大学経済学部卒後、造船所の事務員、平井蒼太とともに開いた団子坂の古本屋「三人書房」、「大阪時事新報」の記者、「大阪毎日新聞」の広告部員、夜なきソバ屋、工人倶楽部書記長にいたるまで、さまざまな職業を遍歴していた。古本屋時代には浅草オペラ講演会を結成。帝大出身の技術者で組織されていた工人倶楽部には、甲賀三郎が所属していた。ペンネームは探偵小説の始祖ポーにちなむ。別名小松龍之介。
1916年(大5)、「火縄銃」を執筆し、「冒険世界」に送る。
1920年(大9)、友人の井上勝喜と智的小説刊行会を結成し、「グロテスク」という会員制同人誌を刊行しようとするが、挫折。その際、江戸川藍峰名義で「石塊の秘密」を執筆するが、これが1923年(大12)に発表した「一枚の切符」の原型である。
失業中の1922年(大11)に執筆した「二銭銅貨」が「新青年」主筆、森下雨村に認められ、小酒井不木の推薦とともに1923年(大12)に同誌に掲載され、デビュー。「二銭銅貨」は日本初めての本格的創作探偵小説とされ、大評判となる。「二銭銅貨」は最初、当時の探偵小説の第一人者と目されていた馬場孤蝶に送ったものだが、いつまでも返事がなかったので、取り返し、森下雨村に送り直したという逸話がある。
その後、「新青年」に、「二廃人」(1924年(大13))や、1925年(大14)からは「D坂の殺人事件」「心理試験」「屋根裏の散歩者」など六ヶ月連続短編を連載し、斬新なトリックを採用した本格探偵小説のほか、恐怖と神秘を題材にした変格探偵小説などの短編を矢継ぎ早に発表する。「心理試験」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
谷崎潤一郎佐藤春夫など、日本の耽美主義文学の影響や、また、宇野浩二的な私小説的な作風が見受けられる。乱歩の変身願望、隠れ蓑願望、ユートピア願望を反映してか、トリック的には一人二役や暗号を扱ったものが多く、一般に探偵小説のトリックのなかで多くの比重を占める密室やアリバイ崩しは少ない。
1925年(大14)、「探偵趣味の会」同人となる。また、同じ1925年(大14)に大衆文芸の振興を目的とした「二十一日会」同人となる。同人には中心となった白井喬司のほか、長谷川伸、小酒井不木、土師清二国枝史郎正木不如丘がいた。
1926年(大15)に「大衆文芸」に発表した「鏡地獄」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1926年(大15)に「新青年」に連載した「パノラマ島奇談」で長編小説の分野も開拓。また、「一寸法師」(1926年(大15)東京朝日新聞)などエロ・グロ味の濃厚な通俗サスペンス長編で人気を博した。三島由紀夫は通俗サスペンス長編「黒蜥蜴」(1934年(昭9))の戯曲化を試みている。
1927年(昭2)には、執筆活動を停止し、早稲田大学正門前で妻に下宿屋を営ませ、自らは放浪の旅に出る。その一方で土師清二、長谷川伸、国枝史郎、小酒井不木とともに「耽綺社」を設立し、大衆文学の合作を試みようとした。
その後は、全集の印税で暮らしを支え、しばらく筆を絶っていたが、「新青年」の編集長を務めていた横溝正史の勧めで、1928年(昭3)、「陰獣」を「新青年」に発表。日本屈指の名作として名高い。掲載雑誌は三版まで刷られた。当時は休筆の連続や人間嫌い、放浪癖から、深夜土蔵に蝋燭をともし、草双紙の無惨絵を見ながら執筆しているという伝説があった。
1929年(昭4)、「新青年」に発表した「悪夢」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録され、のち、「芋虫」と改題される。
1929年(昭4)、「押し絵と旅する男」を「新青年」に発表。
1930年(昭5)、「黄金仮面」を「キング」に発表。
1934年(昭9)、「石榴」を「中央公論」に発表。
1936年(昭11)には「少年倶楽部」に「怪人二十面相」を発表。少年小説にも新境地を開いた。
1943年(昭18)、「偉大なる夢」を「日の出」に発表。
戦争中は写経に明け暮れる。また、一時、福島県保原に疎開していた。池袋丸山町会の副会長や大政翼賛会豊島区支部事務長を務めていたため、戦後は公職追放されるが、のち解除。戦争中の近所付き合いが効を奏してか、一変して人間嫌いを脱し、社交的になった。島田一男香山滋渡辺剣次楠田匡介中島河太郎千代有三、荻原光雄、岡田鯱彦鷲尾三郎とともに「十人会」を結成していたこともある。
1946年(昭21)に、探偵小説作家の親睦をはかる意味合いで、「土曜会」を主催し、ついで、1947年(昭22)、「探偵作家クラブ」が結成されると、初代会長に就任。
1949年(昭24)から乱歩邸で、主に本格派探偵作家を招いた新年会が催され、恒例となる。
1950年(昭25)、「報知新聞」に発表した「断崖」が1951年(昭26)、第4回探偵作家クラブ賞短編賞の候補となった。また、この作品は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1951年版」に収録される。
1951年(昭26)、ロジャー・スカーレットの「エンジェル家の殺人」を翻案し、「三角館の恐怖」として「面白倶楽部」に発表。
作家としての業績の一方で、研究・評論の分野でも成果を残し、1951年(昭26)に発表した評論集「幻影城」で、1952年(昭27)、第5回探偵作家クラブ賞を受賞している。
探偵小説芸術論を唱える木々高太郎と「ロック」上で「一人の芭蕉」と題し、論争をした。この論争は、1950年(昭25)、「新青年」に掲載された文学派座談会「抜き打ち座談会」につながり、探偵文壇を木々高太郎率いる文学派に対し、江戸川乱歩を総帥とする本格派は「探偵小説は基本的に娯楽の範囲に属するが、芸術的な作品もありえる」という立場をとり、対立した。
1953年(昭28)に「宝石」に発表した大下宇陀児角田喜久雄、木々高太郎との連作「畸形の天女」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1954年版」に収録される。
1954年(昭29)に「産経新聞」に発表した「兇器」が、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1955年版」に収録される。
1955年(昭30)、探偵小説奨励の賞として江戸川乱歩賞を創設。
1955年(昭30)に発表した「化人幻戯」(別冊宝石宝石)と、「オール読物」に発表した「月と手袋」により、1956年(昭31)に第9回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。また、「月と手袋」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1956年版」に収録される。
1955年(昭30)には三重県名張市に生誕碑が建立される。
1956年(昭31)に「オール読物」に発表した「堀越捜査一課長殿」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1957年(昭32)、経営難に陥った「宝石」の編集・経営に参画。
1963年(昭38)に「社団法人日本推理作家協会」に発展すると、初代理事長に就任。
1961年(昭36)、「新青年」「宝石」に連載してきた回顧録をまとめ、「探偵小説四十年」として刊行。
1961年(昭36)、探偵小説の評論と新人育成の効をたたえられ、紫綬褒章授与。
1965年(昭40)、脳出血のため死去。日本推理作家協会葬が営まれた。死後、正五位勲三等が贈られる。
2002年(平14)、蔵書を保管していた「江戸川乱歩邸土蔵」が立教大学に譲渡される。
2002年(平14)、蔵書を目録化した山前譲、新保博久の「幻影の蔵」が刊行され、2003年(平15)に第56回日本推理作家協会賞評論その他の部門を受賞。
2003年(平15)、立教大学が所有する「旧江戸川乱歩邸土蔵」が豊島区指定有形文化財の指定を受ける。

幻影城掲載誌:2/4/6/7/8/16/30/31/33/別冊幻影城掲載誌:1/5/16/作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/

江戸川乱歩に関するサイト:「名張人外境」


江戸川乱歩賞(えどがわらんぽしょう)

1954年(昭29)、江戸川乱歩の還暦祝賀会の席上、金百万円を基金として寄付し、賞の制定が発表された。贈与対象はその年度に、探偵小説の諸分野において顕著な業績を示した人に、過去の実績を考慮して贈るというもの。正賞はシャーロック・ホームズのブロンズ像。
1955年(昭30)、第一回は中島河太郎に授与され、第二回は「ハヤカワポケットミステリ」の刊行により、早川書房社長早川清に授与された。贈与対象として創作を重視するといいながら、日本探偵作家クラブ賞とのかねあいを考慮していたところ、中島河太郎の提案で、書き下ろし長編を募集し、入賞作品に贈ることになった。刊行は講談社が担当する。第三回、書き下ろし公募の最初の受賞者は仁木悦子

幻影城掲載誌:31/39/46/47/48/49/50/51/


エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン(Ellery_Queen's_Mystery_Magazine)

1941年(昭16)12月にクイーンの一人であるダネイによって創刊。年11回発行。略称EQMM。
1933年(昭8)に刊行され、失敗した「ミステリ・リーグ」の経験を元に、当初は名作の再録中心に創刊されるが、徐々にオリジナル作品の掲載が多くなる。1956年(昭31)には日本語版も創刊された。編集方針は「幻影城」にも影響を与える。


エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン

1956年(昭31)7月創刊。早川書房発行。略称EQMM。1966年(昭41)1月からは、本国版との契約切れのため、「ミステリマガジン」に改題。「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」は光文社より発行される。初代編集長は都筑道夫、二代目編集長は生島治郎


戻る進む